悩みを抱える子どもたちに学びの場を

小・中学校の不登校生は12万人。高校中退者は7万人。

子供たちを取り巻く環境は、私たちが10代の頃には思いもよらなかった、たくさんの問題を抱えています。長期間にわたって自宅や自室に閉じこもる「ひきこもり」や、働かず学校教育も受けない「ニート」と呼ばれる若者たちが社会的な問題となる一方、LD(学習障害)ADHD(注意欠陥多動性障害)によって学校での授業につまずく子どもたちの問題も指摘されています。

このことは、中学校から全日制高校、そして大学へという一般的な学校教育の流れに乗ることができずに、さまざまな悩みや葛藤を抱える多くの子どもたちがいることを端的に物語っています。

そして、こうした現状の中で、不登校、ひきこもり、いじめなどの問題を抱える子どもたちの学びの場として、通信制高校が注目されるようになってきました。

不登校はどの子どもにも起こりうること

「いじめ」に象徴される学校での友人や先生との関係、親子の関係・・・不登校の要因はさまざまですが、特定の子どもに起こる特有のことではなく、どの子どもにも起こりうる問題として捉える見方が一般的になっています。

学校へ行きたくない(行けない)という子どもにストレスをかけないように、そっとしておいた方がよいのか。それとも、気持ちが前向きな方向に変わるように、積極的に働きかけた方がよいのか。お子様への対応に苦慮されている保護者の皆様、鹿島朝日の通信制高校にぜひご相談ください。

負担をかけない学習システム

鹿島朝日の通信制は、お子様に負担をかけることなく、全日制と同じ高卒資格を取得できる学習システムを用意している通信制高校です。

先生から指導を受けるスクーリングは年間15日前後。「毎日通学しなければいけない」という心理的なストレスを感じることもありません。スクーリングの8割をインターネット視聴で修了することも可能です。

通信制が夢を実現するステップに

全日制よりも有効に活用できる時間があるため、通信制高校を自分の夢を叶えるステップにする生徒も非常に増えています。

高校時代は通信制高校に在籍しながら芸能活動やスポーツに集中して取り組み、在学中~卒業後、各分野のトップで活躍するプロや有名人は少なくありません。その一方で、全日制高校では厳しい校則や周囲の生徒への影響などを憂慮する先生方や学校の理解を得るのが難しく、夢を先延ばしにしたりあきらめてしまう子供たちもいます。

夢に向かって懸命に羽ばたこうとするお子様を応援する保護者の皆様、ぜひ鹿島朝日の通信制高校へご相談ください。

体験学習や気持ちの通じあえる仲間とのふれあい

鹿島朝日の通信制は、子どもたちに感動や達成感を実感してもらうための体験学習(ダンス・乗馬・陶芸・自然塩づくりなど)にも力を注いでいます。

未知の世界を体験したり、スクーリングで同年代の新しい仲間や先生とふれあうことで、少しずつ本来の明るさや自信を取り戻してくれたらと考えております。同じような悩みで苦しんできた仲間にだったら、自分の気持ちを素直に話せるのではないでしょうか。

次のステップへと歩み出すために

子どもたちひとりひとりが、それぞれの輝きを持っています。鹿島朝日の通信制で、何かをつかんでほしい。 少しでも前向きな気持ちになって、自分自身の中にある輝きに気づいてほしい。

私どもは、保護者の皆様とともに、お子様が次のステップへと歩み出せるように全力でサポートいたします。お子様の不登校、ひきこもり、いじめなどでお悩みでしたら、お気軽にご相談ください。